特定非営利活動法人 フードバンク八王子えがお

「フードバンク八王子えがお」は、「食で支えよう ひと 地域 未来」をモットーに、食のセーフティネットをめざして、誰もが対等の立場で暮らしあえる地域づくりの一端を担うことができればと願っています。

「えがお」はこれまで多くの皆さまから米、パン、缶詰等たくさんの食品をお預かりし、支援を求める方々にお届けしてきました。ささやかな活動ですが、食糧不安を抱く方々に、少しでも安心していただけるならば幸いです。

フードバンク八王子えがおは、八王子市と支援提携協定を取り交わしています

2016年12月13日に、市役所と支援提携協定を取り交わしました。市民・企業の皆さまから提供された食品は、市役所の窓口(生活自立支援課)に相談に来られた方々のお手元にも渡っています。

6/24(日) コープみらい城山手店でフードドライブ実施!ご協力よろしくお願いします

 6月24日(日)に『コープみらい城山手店』にてフードドライブを実施します。
城山手店では、これまで2回実施し、多くの皆さまからたくさんの食品を寄贈していただいています。おかげさまで、生活に困っている方々や施設、子ども食堂などに食品をお届けすることができています。ご家庭におすそ分けできる食品がありましたら、ご寄付お願い申し上げます。
  未開封で賞味期限が2ヶ月以上あり、常温保存可能な食品を募集しています。手作りの品物やアルコール、サプリメントに類するものはお引き受けできません。
 ご協力よろしくお願い申し上げます。

6/3 第2回通常総会を開催しました

 

 

 

 

フードバンク八王子えがお第2回通常総会を開催しました。昨年1年間の活動のまとめと決算、今年度の計画、予算など、満場一致で可決され無事終了いたしました。
 協力団体からは東都生協様、自然派くらぶ生協様の出席をいただきました。またいつもフードドライブなどのときに記事を載せてくださる地域情報誌『よみっこ』様、市外からはフードバンク調布様もお越しくださいました。
 八王子市福祉部生活自立支援課より、窓口での食糧支援の状況についてもお話しいただき、相談に来る方は単身の高齢者の割合が多いことなど報告いただきました。えがおの提供する食品が市の窓口をとおしてお困りの方々へ確実に渡っていることを知ることができました。

 総会のあとには、現代の「子どもの生活」を 現職の方々におうかがいしました。

  • 育つのに重要な「食べる」「着る」「寝る」が充足していないと、からだだけでなく心も傷つく。
  • 子どもたちの生活が塾、習い事などで忙しく、とにかく睡眠時間が不足している。
  • 以前は校内暴力などが激しかったが、最近は少ない。ヤンキーも減少。学校に行きたい気持ちはあるのに行けない不登校が増えている。人との関わりに困難を抱えている。
  • 親の病気や環境の変化も、子どもへのサポートを弱める。学校にも来れなくなることがある。
  • 子どもから「SOS」がなかなか発せられないため、周囲が気づきにくい。
  • 教員もあまりに忙しく疲弊している。サポーターを増やすことも重要だが、常勤の教員を増やすことのほうがもっと大切。
  • 昼食にいつも調理パンを1個だけ持ってくる子がいた。宿泊学習の時何度も何度もおかわりをしていたのをみて、好きで調理パン1個だったわけでないことを知った。子どもたちは自分からは言わない。

 子どもたちの置かれている状況について、貴重なお話をありがとうございました。わたしたちができることは何なのか 考えていきたいと思います。

5/27 コープみらい北野台店でのフードドライブ、ご協力ありがとうございました♡

 5月27日(日)にコープみらい北野台店で「えがおのおすそわけ」主催のフードドライブが開催されました。「えがおのおすそわけ」はコープみらい組合員の地域クラブの方々です。いつもいつもほんとうにありがとうございます。 当日の作業もですが、それまでの準備も大変なことと思います。

 北野台の地域の皆さまのご厚意により毎回たくさんの食品を提供していただいています。

 

 

 

 

 今回の食品の総数は533点、総重量219㎏でした。たくさんの品物を寄贈いただきありがとうございました。また毎回ですが、食品以外にも「支援の必要な方々に食品を購入して届けてください」とご寄付をくださった方もおられます。こころより感謝申し上げます。
 3月、4月は卒業や入学、引っ越しなど生活上でも変化の多い時期ですね。その影響か、市役所の窓口に相談にみえる方も増えるのでしょうか。市役所へ食品を提供する回数や量も、ふだんの月より多くなるなど、えがおの倉庫は空っぽに近い状態になっていましたので、今回のフードドライブで次回の支援に必要な食品が集まりました。ほんとうにありがとうございました!!!

その名のとおりほっこりできる場所『ほっこり食堂』

 八王子市内には多くの子ども食堂、だれでも食堂があります。それらの食堂のほとんどは、子ども無料、大人300円でご利用できます。
 今回はそんな食堂の中から『ほっこり食堂』を紹介させていただきます。毎月第2、第4月曜日の17時から20時までどなたでもご利用いただけます。
 場所は元本郷町の一軒家、月2回の食堂のときだけ開いています。
  5月14日に食品をお届けしたときには、食事がととのう前の時間に勉強を教わるお子さんの姿がありました。テスト前など、勉強道具を持参で訪れるお子さんが増えるそうです。また集まった子どもたちでいろんな遊びを楽しむことも。
 学習や遊びをサポートしてくださるボランティアの方々の存在も心強いですね。
  明るくて気持ちの良い室内、玄関先には消毒用スプレーも。
そして「ご自由にお持ちください」の貼り紙の下には、子ども用衣類がどっさり!!!

      

その日のメインはカレーライスでしたが、つけあわせの野菜や果物、スープなどほかのメニューもバラエティに富んでいて、すっかりおなかいっぱいになりました。
 ほっこり食堂の皆さま、とっても美味しかったです、ごちそうさまでした♡

 『ほっこり食堂』の場所や問合せ先は八王子食堂ネットワーク-ほっこり食堂 のリンクからどうぞ。現在『ほっこり食堂』では、ボランティア、物品や資金のご支援も募集しているそうです。よろしくご協力お願いします。