(株)ビオクラ食養本社様より大豆チップスをいただきました♪

Pocket

このたび全国フードバンク推進協議会をとおして(株)ビオクラ食養本社様より『大豆チップス』の寄贈を受けました。
 市内の子ども食堂、だれでも食堂にご希望を伺い、引き取りに来ていただきました。
 画像は、一番乗りでお越しくださった「ほいっぷ食堂」のスタッフさん。
 添加物を使わず、野菜や自然の恵みを大切に体想いの、マクロビオティックな製品づくりをすすめておられる(株)ビオクラ食養本社様、たくさんの大豆チップスをありがとうございました。

ダイエーフードドライブ始まりました!!!3/18~3/24

Pocket

 毎月第3月曜日からの1週間、ダイエー、グルメシティの各店舗でのフードドライブが実施されます。3月は18日(月)~24日(日)の1週間です。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 この(株)ダイエー様のフードドライブは社会貢献活動の一つとして取り組んでおられるもので、集まった食品をえがおが回収させていただき、日頃のフードバンク事業に役立たせていただいています。

フードドライブを実施する八王子市内の店舗は
  ダイエー西八王子店
  ダイエー八王子大和田店
  グルメシティ京王八王子店
  グルメシティ高尾店
   の4店舗です。
皆さまご協力よろしくお願いいたします。

SOS!お米の保冷庫が空っぽに近づいています

Pocket

 いつもえがおを応援してくださりほんとうにありがとうございます。
この1月、2月の2ヶ月間、たくさんの方々から食品の寄贈をいただきました。横山南市民センターでのフードドライブ、自然派くらぶ生協様が実施してくださったフードドライブ、(株)ダイエー様の毎月のフードドライブ、そして食品を集める箱を常設してくださっているハカルワカル広場様、おうちカフェ樹と葉っぱ様、NPO法人エンツリー様、いきいき福祉会様、心より感謝申し上げます。また全国フードバンク推進協議会をとおして企業からのご寄付もいただいています。ありがとうございます。
  この2ヶ月で寄贈いただいた食品の量は、約800kgでした。そして支援を申し込んでこられる方々、市役所相談窓口、子ども食堂、施設などへ提供した量は約860kgでした。はい、倉庫がほぼ空っぽになります。
  食品を寄贈してくださるのは、前述した団体の皆さまだけではありません。遠くは栃木からお米を送ってくださるS様、都内から毎月定期便のように送ってくださるA様、防災備蓄品を送ってくださった(株)NTTデータT様、事務所に直接お持込みくださる市内、市外の個人の皆さま、本当にありがとうございます。 2ヶ月800kgのうち、このようなご寄付の量は合計で約180kgとなり、全体の20~25%を占め、えがおを支える大きな柱となっています。

bty

少量でもけっこうですので、おすそ分けできる食品がありましたら、ご寄付お願いいたします。
 そして、今回は特に【おこめ】が底をついています。お米の保冷庫がほぼ空になっています。精白米、玄米どちらでもお引き受けいたします。29年産、30年産のもので、精米日のあまり古くないものを希望いたします。農家で自家用にしておられるものの場合はだいたいの精米した時期もいっしょにお知らせいただけるとなお助かります。

 3月10日(日)には台町市民センターでフードドライブを実施しますので、当日お持ちいただくか、火曜・金曜の事務所開所日に事務所に直接持参いただけるとまことにありがたいです。輸送手段がない場合は、メールか開所時間内に事務所にお電話でお問い合わせください。可能な場合は引き取りに伺います。
 いつもお願いばかりになってしまいますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

自然派くらぶ生協組合員の皆さまから

Pocket

 自然派くらぶ生協では、2月4日から15日までの期間の宅配時に、食品の提供を呼びかけてくださり、組合員の皆さまからたくさんの食品を寄贈していただきました。生協の配達のときに組合員の方からの食品の預かり、職員の皆さまのご苦労もいかばかりかと思います。組合員の皆さま、職員の皆さま、ほんとうにありがとうございます。
  全部で620点、重量総計約172kgもの食品を寄贈していただきました。
事務所は寄贈食品で足の踏み場もないほどになりました。心より御礼申し上げます。
 入庫作業に追われていると、さっそくSOSの電話、いっぱいになった棚の品々も、すぐにいろいろな場所や家庭へと運ばれていくことでしょう。これらの食品が届いた場所で、少しでも安心とえがおが生まれてくれることを願っています。

2月18日(月)からダイエーフードドライブ始まります♪ 

Pocket

毎月第3月曜日からの1週間、ダイエー、グルメシティ各店舗でフードドライブが実施されます。今月は2月18日からです。ご家庭でおすそ分けできる食品がありましたら、ご寄付をお願いいたします。

大変残念なのですが、今までご協力いただいていた「グルメシティ八幡町店」が、2月28日をもって閉店となるため、今月は八幡町店でのフードドライブはありません。今までお客様、店員の皆さまにもご協力いただきまして、まことにありがとうございました。心より御礼申し上げます。
ダイエー八王子大和田店
ダイエー西八王子店
グルメシティ京王八王子店
グルメシティ高尾店
では、通常の月と同様にフードドライブを実施しています。
  この4店に寄贈された食品は、えがおがお預かりして、施設や子ども食堂、食にお困りの個人の世帯、市の相談窓口に来られる困っておられる方々にお届けしています。皆さまの助けあい支え合いたいというお気持ちを大切にしていきたいと思っています。
  どうかご協力よろしくお願い申し上げます。

東都生協『未来につなぐ募金』助成を受けて

Pocket

「えがお」は、2018年度に東都生協『未来につなぐ募金』助成を受けました。
  これは、組合員の方々にOCRで募金を呼びかけ、それを原資にしてフードバンクや子ども食堂に助成を行う制度です。2018年度は東京都・神奈川県で全14団体がこの助成を受けました。子ども食堂・多世代食堂・学習支援をおこなっている団体が13団体、フードバンクは「えがお」1団体となっています。この『未来につなぐ募金』が普通の助成と異なる点は、お金ではなく、主に東都生協の商品(食品)を助成してくださる点です。

 フードバンクに寄せられる食品は、個人からのおすそわけ食品や、企業や商店のまだ食べられる食品を託していただくので、どのような食品がどのくらい寄せられるのかがわかりません。ときに主菜となる缶詰やレトルト食品、あるいは菓子類が不足がちになることがあります。

 下記の写真は、3回に分けていただいた助成食品です。

 この助成によって、東都生協で扱っている良質な食品をお届けすることができ、食に不安を抱える方々にとても喜ばれました。 想いを寄せてくださった東都生協の組合員の皆さまに心より御礼申し上げます。今後ともフードバンクの活動にあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

1/27(日)学習会のご案内

Pocket

 直近になりましたが、コープみらい地域クラブ「えがおのおすそわけ」主催の学習会のお知らせです。
 「えがおのおすそわけ」は、コープみらいの店舗でフードドライブを開催し、集まった食品をえがおに寄贈してくださっている協力団体です。

 日頃フードドライブに協力してくださっている方から
「統計によると、日本の子どもの貧困率は13.9%で、7人に1人の子どもが貧困状態だそうですが、本当にそんなに困っているの?見えてこない。実態を知りたい」と言われます。そこで八王子市内の貧困の実態や、支援活動の実際について、一緒に学びあう機会を設けることにしました。
 予約不要、入場無料です。当日直接会場にお越しください。
お待ちしています。

 

 

 

ダイエー・グルメシティのフードドライブ、1/21(月)~1/27(日)です♬

Pocket

 毎月第3月曜日からの1週間、ダイエー、グルメシティの各店舗でのフードドライブが実施されます。1月は21日(月)~27日(日)の1週間です。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 この(株)ダイエー様のフードドライブは社会貢献活動の一つとして取り組んでおられるもので、八王子では、2018年の5月からスタートし、集まった食品をえがおが回収させていただき、日頃のフードバンク事業に役立たせていただいています。
フードドライブを実施する八王子市内の店舗は
  ダイエー西八王子店
  ダイエー八王子大和田店
  グルメシティ京王八王子店
  グルメシティ高尾店
  グルメシティ八幡町店
 の5店舗です。

 

 

 

 

 

 

 
 集まった缶詰、レトルト食品、お米、お菓子、麺類などは、支援をもとめる世帯や市役所の窓口に相談に訪れる市民の方々に渡り、大変喜ばれています。
 皆さまのご家庭におすそ分けできる食品がありましたら、お近くのダイエー、グルメシティの店舗にお持ち寄りください。ダイエー主催のフードドライブでは、賞味期限1ヶ月以上あるもの、常温保存できるものを募集しています。

あけましておめでとうございます & 「えがお冬の子ども応援プロジェクト」実施報告

Pocket

新年明けましておめでとうございます。

 えがおもいよいよ4年目に突入です。
少しずつ活動を広げてきたつもりですが、まだまだ力不足の感は否めません。今年度は、フードバンクをさらに多くの方々に知っていただき、事業の幅を広げていければと願っています。

  さて、大変遅くなりましたが、昨年末に実施しました「えがお冬の子ども応援プロジェクト」について報告させていただきます。
 夏・冬の2回にわたり実施したこのプロジェクトは「オラクル有志の会 ボランティア基金」の助成を受けて実施しました。
 このプロジェクトは夏に引き続き実施したもので、無料学習塾「八王子つばめ塾」に通う生徒のなかで希望するご家庭に食品を郵送するものです。
 今回は39世帯に食品を郵送しました。
主食・副食となる食品の他にクリスマスのお菓子『シュトーレン』も入っています。
 このシュトーレンは『ファリーヌ工房』に作っていただきました。『ファリーヌ工房』は毎週「八王子つばめ塾」にパンを提供してくださっているお店です。

  そして今回は『ファリーヌ工房』店主松尾さんにご協力いただき、お菓子作りのイベントも実施しました。12月27日に、希望する生徒さん4人と小宮つばめ塾理事長が参加し、松尾さんの指導でマドレーヌとピザを作りました。
 子ども達の笑い声が部屋中にあふれ、またときに真剣な眼差しで松尾さんの説明に耳を傾け、作業に集中する子どもたち、30個のマドレーヌとピザを焼き上げました。

 

 

 

 

 

指導にあたってくださった松尾さんも「子ども達の笑い声が絶えず、賑やかで私も嬉しかった」と語っておられました。

 つばめ塾の生徒さんも、パンを提供してくださるお店と知っていても、なかなか直接顔を合わせることはありませんから、大変貴重な機会になったことと思います。

 これからもこのプロジェクトを継続し、発展させていけたらと願っています。

みなさまに支えられた2018年でした!ありがとうございました☆

Pocket

 25日(火)はちょっと早いですが、えがお事務所の今年最後の開所日でした。朝から電話が鳴り、食品提供のお申し出やお問い合わせなどに対応。

 

 

 

 そしてダイエー5店舗、エンツリー、聖公会復活教会降誕節のフードドライブで集まった寄贈食品を入庫して仕分けする作業に大忙し。お名前をおっしゃらずに食品を置いていってくださった方、東村山から車で持参してくださったS様、年末にたくさんの食品をいただきました。また年末最終日だということで年明けに食品を発送するとおっしゃってくださる方もありました。12月の食品支援は個人の世帯、市役所生活自立支援課、子ども食堂等、ひととおり終えていますが、今回いただいた食品は、年明けの支援へと活用させていただきます。
 この1年、本当にたくさんの方々に支えられて活動することができました。えがおを支えてくださっている会員の皆さまはもちろんのこと、フードドライブを実施してくださっている団体の皆さまのサポートなしには活動を続けることはできませんでした。また市内ばかりでなく,ホームページでえがおを知って遠くから食品を送ってくださった方もおおぜいいらっしゃいます。食品の提供だけでなく、寄付をくださった団体、個人の方々もいらっしゃいます。えがおの活動にボランティアとしてお力を貸してくださる方々、お知り合いにえがおを紹介してフードバンクの存在を広めてくださった方、数えきれないほどのお気持ちをいただいてきました。心より御礼申し上げます。
 来年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 皆さまどうぞよいお年をお迎えください。